増額申込みで大切なのはタイミング

キャッシングの限度額は、増額申込みをすることで増やすことができますが、そのためにはタイミングが重要になります。最初に設定された限度額では足りないと感じた場合、少しでも早く増額申込みをしたいと考える人も多いでしょう。

しかし、最低でも半年の利用実績を作っておくことが大切です。ただお金を借りるのではなく、借りたお金を毎月返済をして、しっかりとした返済能力があるという証明をしておかなければ、増額申込みをしても審査落ちをする可能性が高くなります。

増額審査に落ちると、限度額が増えないだけでなく、利用停止などのデメリットが発生する可能性があります。それだけに、増額申込みはタイミングをしっかりと見計らって行うことが大切です。

銀行でも総量規制を意識した会社が出てきている

銀行は基本的に総量規制の対象外ですから、収入の3分の1を越えても問題なく貸付をしてきてくれるわけではあります。

ですが、近年では総量規制を意識した動きというのも銀行には出てきているようです。

みずほ銀行では、既にカードローンに関して年収の3分の1以下に抑えるように取り組んでいるということで

銀行であっても総量規制を意識し始めていえるところはあります。

また、そのほかの銀行も総量規制以下に抑えることを検討しいているところも多く存在しているようで、銀行であっても

借入が厳しくなる時代がもうすぐやってきそうです。

ですが、この動きは消費者にとってはいいことでしょう。 そもそも総量規制は借金を増やさないために行っているものなのですから

借金が増えるよりも減ったほうが消費者にとってもいいことのはずだからです。

銀行系カードローンでは、即日融資は厳しくなった。

銀行系カードローンにおいては、一部ではありますが、即日融資に対応してくれるという銀行もあったりしており、

消費者金融に対抗して一生懸命お金を貸していこうというし精を出している部分もありました。

しかし、2017年になってから、銀行系カードローンにおけるお金の借りすぎが問題になってきたことからその動きに規制をかけようということが提唱されました。

それと同時に、スピード融資というのは反社会的勢力に対してもお金を貸しやすいという点も浮き彫りになってきたので、その対策の重要であるという認識にもなってきました。。

そういった事情を踏まえて、業界側では自主規制という形で2017年9月ごろに2018年から即日融資というのをやめるようになってきているというわけなのです。

お金の貸しすぎにつながるスピード融資の抑制という点や、反社会勢力かどうかによる調査時間がどうしても時間がかかるので即日融資を抑制しようとする

とした業界側の改善を図ったというわけです。

これからスピーディーにお金を借入するときには、消費者金融が専売特許になっていくのだろうということが改めて認識されることになると思われます。

お金を借入するのにも業界側も色々な対応の句量があるというわけなのです。

まとまった金額を借りるなら総量規制対象外の銀行ローンを

一時的に少額のお金を借りるならば即日融資が可能な消費者金融のキャッシングに申し込むのがベストな選択です。消費者金融のキャッシングであれば申し込みの手続きに手間取ることなくすぐに審査の結果が分かるので、時間を取られずに必要なお金を借りたいというときにはとても役に立つサービスだからです。

しかし、ある程度のまとまった金額を借りたいというときには、消費者金融のキャッシングでは必要としているだけの金額を借りられないというケースがあります。消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているのがその理由です。

総量規制は貸金業者による貸し過ぎ、消費者の借り過ぎを未然に防ぐ目的で施行されている法律ですが、この法律の存在がときとして不便さを感じてしまう原因となってしまうこともあるのです。たとえば、ある消費者がキャッシングでお金を借りたい場合、その人は最大でも自分の年収の三分の一までしか融資を受けることはできません。

つまり、自分の借りたいと思っている金額が年収の三分の一以上の場合には消費者金融のキャッシングでは希望額の達しないことになるのです。ただし、銀行のカードローンならばある程度のまとまった金額であっても借りられる可能性があります。

銀行のカードローンは総量規制の対象外となっているので審査次第ですが、年収の三分の一以上の金額であっても融資を受けられる可能性が残されているのです。

キャッシングはこまめな返済で利息の支払いを抑えよう

消費者金融のキャッシングにはいくつかのメリットがありますが、なかでも大きな利点となっているのが使い道の自由さです。消費者金融のキャッシングでは借りたお金をどのような目的で使ってもいいので、借りたお金の使い道が限定されている銀行のローンと比べてさまざまな目的にお金を使うことができるのです。

そのため、携帯料金の支払いや公共料金の支払い、飲み会のお金としてなど幅広い目的でキャッシングで借りたお金を使えるという自由さがあります。また、消費者金融のキャッシングでは消費者個人の信用力に対して貸付が行わなれるので、キャッシングの申し込み時に担保や保証人が必要なく手続きや審査もスピーディーに行うことができます。

申し込みの手続きや審査に時間を取られずに短時間でお金を借りられる点も消費者金融のキャッシングの大きな魅力となっています。ただし、キャッシングは手軽にお金が借りられる半面で利息を多くとられてしまうというデメリットな面もあります。

そのため、返済当初は利息の支払いに充てられる金額の方が多く、なかなか元金が減らないというもどかしさを感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、キャッシングの利息の計算は日割りで行われるので、お財布に余裕があるときにこまめな返済をしていけば利息の金額が膨らんでしまうことなく、早い段階で返済を終えてしまうことも難しくはありません。

キャッシング審査で業者側に必ず確認されること

消費者が手軽にお金を借りられることから大勢の利用者がいるのが、消費者金融のキャッシングのサービスです。消費者金融のキャッシングでは最短でその日のうちに審査が済み、当日中にキャッシングにサービスの利用が可能になるスピーディーさが魅力ですが、実際にお金を借りるには審査に通らなくてはなりません。

もちろん、キャッシングの場合には銀行のように審査が特別厳しいというわけではないので、審査に落とされてしまうという心配は仕事に就いている人であればほとんどありません。ただし、キャッシングの審査では必ず本人確認と在籍をしている職場への電話による確認が行われます。

そのため、キャッシングの申し込みの手続きをする際には自分の身元を証明できる運転免許証などの身分証明書、在籍をしている職場の電話番号などが必要になってきます。キャッシングでは担保や保証人の代わりに消費者個人の信用力に対して融資が行われるので、消費者個人の情報が審査の結果を大きく左右します。

キャッシングの審査では特に身元の確認と職場への在籍確認が重要なポイントになってくるので、この二点に関してはキャッシングの申し込み時にくれぐれも虚偽の内容を申請しないようにしましょう。

消費者金融の審査に関して

消費者金融でキャッシングやカードローンなどを利用するには、正しく申し込みをするだけではなくそのあとの審査に通過する必要があります。消費者金融の利用者審査において重視されているのは、まず第一に申し込み内容に虚偽がないかどうかのチェックになります。

お金の貸し借りを行う以上は、相手の経歴が本物であるかどうかを調べるのは非常に重要なことです。そのため、申し込みをする際には確実に間違いのない情報を記入しておきましょう。少しでも嘘やごまかしがあれば、その申し込みだけでなく今後も消費者金融の利用が制限されてしまう可能性もあります。

そしてもう一つ審査で重視されているのが、利用者の返済能力の把握です。借りたお金を返す能力があるのかどうかを判断する基準はいくつかあり、そのうちもっとも基本的なのは職種での判定になります。ここで大切なのは、あくまで判断材料になるのは年収の額や現在の預金額などではないという点です。

消費者金融の返済は毎月ごとに決められた額を納めるのが普通ですから、重要なのは毎月ごとの定期収入になります。つまり企業に雇用されているサラリーマンは評価が高く、どんなに自力で稼いでいても自営業者などはあまり評価されません。そういった職種の人は借入の上限額を抑えめに申し込みをするといいでしょう。

おまとめローンのメリット

おまとめローンと聞くと、多重債務で苦しんでいる人が利用するものだと思っているかもしれませんが、クレジットカードとカードローンのキャッシングの利用分をまとめたいという場合にも、おまとめローンは便利に利用することができます。

複数の借り入れを一本化することで、毎月の負担を減らすことができます。

特に、月々の返済がきびしかったり、もう少し余裕がほしいと感じている場合には、おまとめローンを利用すれば原状よりも毎月の返済額を減らすことができます。

自分の生活を切り詰めて、楽しみを我慢し、借金の返済のためだけに働き続けるのではなく、一本化することで過度な負担を軽減することができ、自分の生活も楽しみながら、借金の返済をすることが可能となります。

現在の借り入れが、消費者金融系などの高めの金利設定であれば、銀行系の低金利のローンに乗り換えることで、利息を大幅に削減することができます。

ただ、気をつけないといけないことは、一本化することで返済期間が長くなってしまい、借り換え前よりも支払う利息が多くなるというケースもありますから、注意する必要があります。

また、おまとめローンを利用することで、返済計画がたてやすくなりますし、毎月1回の返済となりますから、返済の手間も減り、うっかりと返済日を忘れていたということも避けることができます。

多額の借り入れをする時のカードローン業者の選び方

カードローンを利用する時は少額の借り入れをする事が多いですが、人によっては100万円以上の多額の借り入れをする事もあります。多額の借り入れをする時は返済する時にリスクが高くなるので注意していかなければいけません。そこで多額の借り入れをする時はどのようにカードローン業者を選べばいいのか見ていく事にしましょう。

・金利が低く設定されている業者を選ぶ

カードローンを利用してお金を借りると金利が発生して利息が加算されていきます。多額の借り入れをするほど加算される利息も多くなるので金利が高く設定されていると返済する時に大きな負担がかかってしまいます。多額の借り入れをする時は金利が低く設定されているカードローン業者を選ぶのが鉄則になります。

・初めて利用する時は無利息サービスがある業者を選ぶ

カードローン業者は初めて利用する人を対象に無利息サービスを提供していてサービス期間中は無料でお金を借りる事が出来ます。サービス期間は基本的に30日間になりますが、それで無利息でお金を借りる事が出来る期間があれば大きなメリットになります。特に多額の借り入れをする時は大きく影響してくるので初めて利用する時は無利息サービスがあるカードローン業者を選ぶようにしましょう。

現行の貸金業法では消費者に不利な点がある!

現在、消費者金融では複数社からの借り入れを一本化する方法として、『おまとめローン』を提供しており、返済の効率化や総返済額の削減が期待できます。同様に銀行カードローンでも、おまとめローンや借り換えローンに利用出来るなど、消費者の選択肢は広がっています。

しかし、おまとめローンないしは借り換えローンを行う際、商品概要や説明に『ご契約内容によっては、返済回数・返済総額が増加することがあります』といった注意書きがあります。これは、おまとめローンの落とし穴となっており、返済負担の増加や返済不能となるリスクを高めています。そもそも、おまとめローンや借り換えローンには『顧客に一方的に有利となる借り換え』または『段階的に債務を減らす借り換え』という条項があります。

しかし、債務額が増加するリスクは『一方的に有利となる』ということから外れています。この点に対し、金融庁は『改正貸金業法に関する内閣府令の改正の概要(平成22年6月11日)』を発行しており、この中で『約定に基づく返済により段階的に残高を減らしていくことを要件とする』と記載しています。

本来では、この内閣府令においては内閣府令に相反する内容となっています。しかしながら、問題電は『一ヶ月の負担額』における曖昧な点です。毎月の負担額が借り換え後に超えてはならないということは定められているものの、明らかに返済額が減少し、返済期間の長期化および返済額の増加に関する規制事項がないということです。

貸金業法の改正により過剰貸付や借入に対する一定以上の効果は現れているものの、おまとめローンや借り換えローンに対する規制が不十分なままにあります。つまり、消費者が守られない状況にあり、貸金業者に都合の良い広告が行われ、おまとめローンや借り換えローンで債務整理に至る原因となっています。

レイクでキャッシングを利用してお金を借りた方が良い理由

これからキャッシングを利用してお金を借りたいと思っている人もいるかと思います。
ですが、実際にどこのキャッシング会社を利用したら良いか分からないという人も多いと思います。

そういう人にキャッシング会社を利用してお金を借りようと思うならレイクがおすすめです。
なぜなら、レイクは大手のキャッシング会社の中でも特にお得に借りる事ができるからです。

最近は大手のキャッシング会社を中心に借りた日から30日間無利息でお金を借りれるというのがあります。ですが、このレイクはそのサービスを超えるサービスを提供しています。

それは5万円までの借り入れなら180日間無利息でお金を借りれるというものです。
これなら5万円までの少額を借りたいと思った時も借りた日から180日間は無利息で借りれるのでとてもお得にお金を借りれます。

また急にお金が必要になった時の金額は大体5万円以内の金額を借りる人が多いというのもあってこのサービスはとても便利です。レイク以外では180日間も無利息で融資してくれる事もないので5万円くらいの少額を借りたいと思っている人は大手のキャッシング会社の中でもレイクから借り入れをされる事をおすすめします。

それでお得に少額融資を受ける事ができます。

カードローン・キャッシングでの失敗談。便利なものほど恐ろしい

カードローンやキャッシングを利用するきっかけとなったのは、初めてのクレジットカードを持った当時、付き合って居た彼氏にキャッシングという機能を教えてもらい、遊びに行くときに給料日前だったこともあり、利用したのが最初でした。
同じ職場の彼だったため給料日は同じでした。二人とも金欠という状況で、私のクレジットカードのキャッシングを利用しました。

最初はお買い物などで使用出来て便利な機能だと思い、健全な利用でしたが、使用頻度が高くなるにつれて利用料金がどんどん高額になり、お給料では支払いが追い付かない月などもありました。
その支払いのためにまたキャッシングを重ね、ついにはリボ払いを選択するようになりました。

そのころにはローンは100万円近くまで膨れ上がっっていました。
同時にそのころは家族にすら借金のことは打ち明けておらず、事情があり一人暮らしをすることになりました。現金は無いものの、キャッシングローンの利用可能枠で家具を買い、ついに限度額が超えてしまったためクレジットカードの利用は停止。

現在は弁護士にお世話になり、5年かけて借金を返済しております。

返せる目途があって最初は軽い気持ちで借りてしまうのだと思います。
しかし思っている以上にあっという間に額は膨れ上がります。

借りる会社にもよりますが、3万円借りた場合返す額は3万5千円ほどだと思ったほうが良いです。
十分に気を付けて利用することをおすすめします。

カードローンの便利さと気をつけることについて

当時私は、友達とバンドを組んでいました。
そこでギターを弾いていたのですが、調子が悪くなり、新しいギターを買う必要が出たのです。
私は当時仕事を辞め、バイトをしていましたが、そんなギターをかえる大金はありませんでした。また親にも反対されるので借りることは出来なかったので、カードローンを組んで、買うことになったのです。

やはり大金を用意出来ない人にとっては、カードローンはかなり助かります。
利子は痛いですが、今欲しいものを手に入れられるので助かりますし、月々の分割だと少額なのであまり痛手にはならないことです。

だけど、カードローンはとても恐ろしいなと思います。
やはり安易になんでも買ってしまうと、どんどん金額が増えていきます。
お金を出さないので、使っている感覚があまりないのでハマりそうな人にはとても危険だなと思いました。
私は気をつけたいと思い使っていました。

やはり、計画性を持って使うことがとても大切です。
あと、やみくもに使うのではなく、本当に必要な時だけ使うように強い心を持つことがハマりすぎないコツだと思います。

複数のキャッシング会社への申し込み

基本的に、キャッシング会社は何社でも利用することができます。
ですから、審査などが通るかが心配という方の場合には、何社も同時に申し込みをしておいて、
どれかが審査に漏れたとしても大丈夫なように保険をかけておくという方もいらっしゃいます。

そして、利用自体は何社でも良いわけですから、全部通ったとしても全く問題ないわけです。
やはりキャッシングの利用に慣れていない方の場合には1社ずつ申し込みをしてしまいがちです。

そして、審査に落ちるとやはりショックを感じるわけですから、次の申し込みがちょっと恐ろしくなってしまうのも無理はありません。
しかしながら、実際のところ会社によって審査基準がかなりバラバラですから、それほど一つの会社に落ちたからと言ってショックを受ける必要はないでしょう。

やはり初心者の方の方こそ、複数のキャッシング会社を同時に申し込むということをした方が良いかもしれません。

こうすることで、いろんな不安から解消されることができますし、最初の頃は融資枠もそれほど大きくはありませんから、全体的に融資の額を上げることが結果的にできるようになるのでとてもお得だったりします。
また、申し込みに関する手間も、一気にする方がなくなるので便利です。

アルバイトでもキャッシングで借り入れする事は可能です

日々の生活で、収入がもう少しあればと考える人も多いです。
特に、アルバイトやパートなどについては時給で働いている為、休んでしまえば収入が入って来ないという事もあります。

日々の生活をギリギリで生活をしていたりすると、風邪などを引いてしまった場合や、大きな出費をした場合には自力での工面が難しい場合もあります。
そのような時に、周囲に借りるという事も選択肢として考える必要もありますが、相手の都合などもあります。

場合によっては、信頼関係自体が失われてしまう事もあります。
そのような事にならない為には、キャッシングなどの第三者を使う事も一つの方法となります。
しかし、アルバイトだと安定した収入がない為、審査が通らないと思い込んでいる方もいます。

ただ、最近ではキャッシング業者も増えて、アルバイトでも審査が通りやすくなってきていますので、一度審査の申し込みを検討してみるのも一つの方法です。
しかし、借り入れできる金額に制限があったり返済期間が厳しいと感じる事があるかもしれないです。

その為、借り入れをする際は慎重に動かなければならないのと同時に、返済計画をしっかり立てておく事が重要です。
返済計画が狂う事が無ければ、月々の返済は苦しいものではない為、計画通りに動くことは大切です。

学生がキャッシング審査を通る上でやっておきたい三つの事

学生とはいえ出費というのはつきものです。付き合いでの飲み会、学校での教科書代、一人暮らしの方ですと家賃の支払いなどもあるでしょうから「どうしてもお金がない!」という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
もし借りられそうな方がいないとき、キャッシングを利用する手もあります。しかし学生は収入が不安定ですので審査が通りづらいと言われています。

ここではいざという時のために学生がキャッシング審査に通りやすくなるための準備を3つご紹介していきたいと思います。

①アルバイトで定期的な収入を得る
「返済能力がない」と思われることは融資を受けられない重要なポイントとなります。返済能力があると見なされるポイントは勤続年数にあります。半年~一年以上は同じ職場でしっかり働きましょう。

②クレジットカードを利用する
「返済能力」の他に「信用情報」も大切な要素となってきます。クレジットカードやローンの利用履歴がこの「信用情報」に当り、定期的に使うことによって信用情報が得られます。

③支払い滞納は絶対にしない
クレジットカードはもちろんですが携帯電話などの料金の延滞などによって「滞納」と記録が残ってしまう場合があります。
滞納記録は審査においてマイナスの影響しか与えませんので絶対に滞納しないように注意しましょう。

まず上記の三つを日ごろから行っておくことで審査は通りやすくなります。お金の事となりますのでよく考えてキャッシングを利用するようにして下さいね。

キャッシングで比較するべき項目

急な用件でお金が必要な時は誰にでもあります。
そのような時に備えて、普段から貯蓄をしている人もいますが収入によっては全くできない方もいます。

また、身近な人からお金を借りるという事も方法としてありますが、頼みに行くタイミングによっては借りる事が出来なかったりする場合もあります。
周囲から借りれない場合は、自力で工面をするしかないです。

自力で工面するとなったらキャッシングを考える人も多いです。
しかし、キャッシングと言っても業者ごとに審査の条件は異なりますし、大まかな利息も法律で定められていますが借りる金額や返済期限などによっても大きく異なってきます。

そして、何よりどのように比較をすればいいのかわからないという方も多いです。
そのような時には、インターネットでの比較が一番です。

インターネットであれば、自宅で比較が出来ますし、深夜の時間帯でも比較が可能です。
そして、比較ヵ所が多い方については、自宅でじっくりと時間をかけて行った方が納得のいく借り入れが可能となります。

また、インターネットには正式な情報が掲載されていますし、実際に借り入れをした方のコメントも掲載されている場合もあります。
その為、初めて借り入れする所であっても安心して借り入れが可能です。