カードローンを滞納した時のマイナス点

計画的なカードローンの返済を実施することができれば、滞納という状況を回避することができます。しかし事情によってはカードローンを滞納しなくてはいけない場合が出てくるかもしれません。まず安心してもらいたいのは、一日滞納したからといって借りたお金を全部完済しなくてはいけないということはないです。

しかし一日でも滞納をすると遅延損害金と呼ばれるお金が発生し、通常よりも多くの利息を支払わなくてはいけません。そうなると完済するまでに必要なお金が多くなるので、気を付けないといけません。滞納のマイナス点はそれだけではなく、融資を受けているカードローンの銀行や消費者金融から信頼を失ってしまい、利用限度額を下げられるケースもあります。