キャッシング申し込み後の本人確認ってどんなもの?

キャッシングを申し込む際、現在の勤務先を記入しなければなりません。その後、申し込んだ消費者金融会社から勤務先に本人確認の電話がかかってきます。たしかに本人確認の電話がかかってくることは恥ずかしいかもしれません。

しかし、基本的に会社には個人名で「○○と申しますけど△△さん、いらしゃいますか」という電話がかかってきますが、最初に総務部や人事部にその旨の電話がくれば彼らは「あっ、本人確認の電話ね」といった感じで対応には慣れていると思いますので、普通に電話を申込者に転送してくれるでしょう。

その際、キャッシングを申し込んだことは総務部や人事部の人にはバレることはありません。普通に「○○さんから、電話が入ってます」とつないでくれます。また、もし申込者が営業等で外出していれば、電話を受けた人がその旨を伝えてくれれば申込者がその会社に在籍していることが確認できるので、申込者と直接本人確認が取れるまで繰り返し電話がかかってくることはありません。

申し込み内容に虚偽が無いかを確かめるための電話だと思って堂々と構えていれば大丈夫です。