銀行系カードローンでは、即日融資は厳しくなった。

銀行系カードローンにおいては、一部ではありますが、即日融資に対応してくれるという銀行もあったりしており、

消費者金融に対抗して一生懸命お金を貸していこうというし精を出している部分もありました。

しかし、2017年になってから、銀行系カードローンにおけるお金の借りすぎが問題になってきたことからその動きに規制をかけようということが提唱されました。

それと同時に、スピード融資というのは反社会的勢力に対してもお金を貸しやすいという点も浮き彫りになってきたので、その対策の重要であるという認識にもなってきました。。

そういった事情を踏まえて、業界側では自主規制という形で2017年9月ごろに2018年から即日融資というのをやめるようになってきているというわけなのです。

お金の貸しすぎにつながるスピード融資の抑制という点や、反社会勢力かどうかによる調査時間がどうしても時間がかかるので即日融資を抑制しようとする

とした業界側の改善を図ったというわけです。

これからスピーディーにお金を借入するときには、消費者金融が専売特許になっていくのだろうということが改めて認識されることになると思われます。

お金を借入するのにも業界側も色々な対応の句量があるというわけなのです。