【キャッシング 本人確認】について

キャッシングをするにあたり、本人確認は欠かせません。ただ、会社によって、本人確認書類として有効な物、無効な物に差はありません。ほぼ、すべての会社は免許証、保険証、個人番号カード(マイナンバーカード)、パスポートの4点を採用しています。

提出方法も、大きな差はありません。多くの会社は、ネットでのアップロード、郵送、FAX。支店、無人ブースがあれば、持参して提出する方法です。その他にもありますが、銀行カードローンでは、会社によって、普通預金口座を開設していれば、提出自体が不要な会社もあるようです。

提出する種類によって、審査結果は変わらないと考えていいと思います。保険証だから審査が通らなかった等、それを理由とすることはまず無いです。本人確認書類は、その名の通り本人かどうかを確認するためのものですので、審査結果には概ね影響しません。違いをあげるとしますと、保険証は顔写真がないため、なりすましや偽造がしやすいため、本人確認を慎重に行う点です。追加書類を求められたり、本人しかわからないような情報をヒアリングしたりすることはあると思います。